使用済み切手は買取してもらえる?コレクターに人気のモノなか高額に!

使用済み切手は買取、売ることってできるんでしょうか?

わたしは、切手のことなど全然わからなかったので、旦那がおじさんから譲り受けた切手のコレクションをみても、使用済みの切手なんか売れないから捨てれば!って思っていたんですが、実は、使用済み切手でも買取とかモノによってはコレクターの間でかなり高額で取引されるみたいですね。

 

使用済み切手でも買取してもらえるモノって?

使用済み切手って、消印とかついていると当然、郵便物を送るときには使うことができないので、切手に興味がない私からすれば、“そんなモノ”状態なんですけど、コレクターの方からすれば、

 

「何バカなこと言ってるんだ!」

 

ってことになるようで。。。

 

切手商や切手収集家にとっては、その消印こそが大事なのだよ!って感じらしいです。

例えば、特印っていわれる国家的な記念行事のときに使われる大型の記念印っていうのがあるらしく、それが押されている切手は使用済み切手でもコレクターにはたまらないものなんだそうです。

 

また風景印っていわれる旅行先などでの土地の名所などを描いた特別の日付印なんかも人気みたいですね。

 

他には消印の押された日付ってのもポイントらしいです。
その日が歴史的な日付だったりすると、かなりマニア的にはアゲなんだとか。

 

もちろん、赤猿、毛沢東をモチーフにした毛主席っていう中国切手のプレミアム切手は使用済み切手であってもコレクターの間ではかなり高額で取引されるので、切手買取業社にもかなり高値で買取が期待できるみたい。

 

使用済み切手の高額買取のポイントは保存状態

使用済み切手買取専門店に持ち込めるようにシートになる枚数をためてから郵便局で引き換えるのがポイントです。
同じ使用済み切手でも、業?によって買取価格が異なることに注意してください。

複数の業者に見てもらい一番感触がよかった業者に売れば申し分ありません。使用済み切手はバラであっても買い取ってもらえるようです。
私は詳しくなかったのですが台紙に使用済み切手を貼って買い取ってもらう時のやり方についてみてみたら整然と並べる必要があり、そうしなければ認められないらしく骨の折れる作業になりそうです。

だけれども、貼り付けてあった方が高く買い取られるのなら、やってみてもいいかなと思えます。業者に使用済み切手を買い取ってもらうには、いわゆる使用済み切手シートとして纏まっていないとだめだろうと予想している方も多いですが切り離してある状態の使用済み切手でも買い取ってもらうことはできます。ただ、どうしても使用済み切手シートよりは低価格の買取になりやすいです。万が一、汚れや糊が落ちているのが見つかったりすると、より安い金額で買い取られることになることが多いです。

「使い終わった使用済み切手に値段なんてつかない」と諦めている人もいるかもしれないですが実際試してみるとそうではないかもしれなせん。
とりわけ、古くても保存の状態が良好でコレクターの中で需要の高いものであるとたとえ使用済み使用済み切手であったとしても買取に応じてもらえる場合があります。

もしも、「そういう使用済み切手、うちにある!」と心当たりがあるのであれば一か八か、使用済み切手を買取ってくれるような業者に問い合わせをしてみることをすすめます。

使用済み切手のような多数収集することが多いものは、それらすべてを一回で業者にお店で買取査定してもらうとすると、その分、査定に時間を要するのでかなりの時間待たなくてはならなくなることもあり得ます。
そんなことを視野に入れると、ウェブ上で使用済み切手の査定をしてもらうことは、家に居ながらにして、何をしていても手軽に手続きが出来て、大変効率的な方法です。なるべく高値で使用済み切手を売るには、買取業者の選択が重要で、金券ショップの類の業者ではなく、使用済み切手専門の買取業者を選択することが極めて重要なポイントです。

 

使用済み切手のように大量に収集するケースが多いものの場合、それらすべてを一回で実際に業者に直接行って店頭で買取してもらうとなると、査定にそれだけ時間がかかることになり大分待たされるかもしれません。その点からいうと、使用済み切手をネットで査定してもらう方法は店に出向くことなく、好きな時に手軽に手続きが出来て、とても役立つ方法です。お年玉付き年賀はがきの4等が当たるのは毎年のことで、ふと見てみれば結構な枚数になっていました。私の場合、懸賞などにはがきを使うことはあっても、私製はがきや封書は出さないので年賀使用済み切手を持っていても使わないことに気がつきました。

金券ショップなら使用済み切手も買い取ってくれると知り、休みの日に、使わない使用済み切手を全部持って行きました。

運転免許証を見せなければなりませんでしたが、思っていたよりもいい値段で売れたのでこれからも金券ショップを利用しようと思いました。旧価格の使用済み切手が手元にあり、交換して新しい価格の使用済み切手にしてもらおうとする場合、その差額だけではなく、別途で手数料を払わなければなりません。

もしも10円以上の使用済み切手であったときには1枚につき5円、10円未満のものでは、二枚の合計金額の半分が手数料としてかかります。

もう新しく買ってしまった方が、お得なこともありますし、状況により、使用済み切手買取業者へ売った方がいいという場合もあります。紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、それならば使用済み切手が破れたらどうすればいいのでしょう。郵便局では、破れてしまった使用済み切手を交換するということはしていません。ならば、破れている使用済み切手は果たして使えるのでしょうか。

あまりにひどい場合はだめですが、ほんの少しの破損ぐらいで、額面がしっかりと確認できる程度の破損の使用済み切手であれば、その状態で使えることが多いと思います。

ただし使用済み切手買取業者に買取をしてもらうということは難しいでしょう。ご存知と思いますが、元々、使用済み切手はふつう、郵便物に使う形に一つずつ切り分けてあるということはありません。
元は何枚かの使用済み切手がまとまった状態の使用済み切手シートという状態で出来上がります。使用済み切手の買取の場合、使用済み切手シートの形であっても買取は可能でバラ使用済み切手での買取よりも高値での買取になりやすいです。